倉庫変わりにも!作業現場で使う道具や機材などを収納

意外に大きい機材も収納出来る!

会社の敷地内に工具や機材を置いておくと、通路が狭くなったり積み込みや荷降ろしが他の人の邪魔になったりしがちです。そのような時に、トランクルームが非常に便利な収納場所となります。

トランクルーム内に棚を設置すれば、パイプレンチやチェーントング・ナットやボルトなどの工具や機材をキレイに収納できます。トランクルームの内部は意外に広いため、小型の発電機や大きめのワイヤーロープ、長い単管パイプなどのスペースを取ってしまう資機材も楽に収納できます。また、夜間作業のみで使用する大型のライトや夏場での現場で使用する扇風機などの使用頻度が少ない機材をトランクルームの奥に収納しておけば、必要な時だけ持ち出せば良い状態になるので管理が楽になります。

資機材の共有が出来る

トランクルームに工具や機材を収納しておくと、他の部署や下請け業者との資機材の共有が非常に楽に出来ます。
トランクルーム内の資機材のチェックリストを作成すればどこの現場に工具や機材が持っていかれているか一目で分かりますし、現場作業者や下請け業者に連絡すれば必要な資機材をトランクルームから持ってきていただくことも可能になります。また資機材が無くなった!という時にチェックリストがあれば、誰が最後に持ち出したか・どこの現場で最後に使用したかということが分かりやすくなります。

トランクルームを現場で使用する工具や機材の収納場所にすることで資機材の管理・共有が非常に便利になり、現場での作業の効率も良くなると思います。